書き溜め

真摯であることを決して笑わない、決して疎かにしない、決して諦めない。

Never sneer at being sincere.
Never neglect to be sincere.
Never give up being sincere.

失敗は成功の反対ではなく、その一部である。何もしないことこそが成功の反対なのだ。

Failure is not opposite of success, but a part of it. The opposite is what nothing to do.

研究をしてこなかった事実から目を逸らすことはもうしない。

I won't anymore keep ignoring the fact I have not been researching.

星に願いを。

天上で双子座流星群の収穫が最盛期を迎えたらしい。今ごろ地上では双子の種が蒔かれていることだろう。願いはもちろん、健やかな子が生まれてきますようにだ。
流星が流れて消える間に願い事を三つ言えたら、その願いが叶うとは誰しも聞いたことがあるだろう。その本質は、あれだけ僅かな一瞬にその願い事を三つも繰り返せるほど熱心なら自ずと叶える行動に移るということにある。
流れ星に願うことは、終わりではなく始まりか決意の確認だ。願ったから叶うと考えて何もしない人には何も起きない。流れ星が何か叶えることは決してないのだから。

その昔、中学生になったかならないかくらいのころ、ハッピーターンの包装紙に「シャープペンシルに芯を6本入れて、それを誰にも触れさせずに使いきれたら願いが叶う」と書いてあった覚えがある。それを見てからというもの、私はシャープペンシルに芯を6本入れて、なるべく人に触らせないようにした。ひとに貸すときは別のものを渡した。
では私はその包装紙に書かれていたことを信じていたか?信じていなかった。それはつまり、6本もの芯を入れたシャープペンシルを誰にも触らせずに一心に書ききる気概があるなら、願いを叶えることもあるだろうと、そういう意味だろうと気がついていた。私には昔から物事を一足飛びに把握する癖がある。飛んでいるから足場がなくて、いつも宙ぶらりんになる。
6本の芯を入れたシャープペンシルを誰に触らせることなく使いきっても、べつに私の願いは叶わなかった。願いを叶えるのに繋がることを私は何もしていなかったから当然だ。流れ星と同じで、それ自体が願いを叶えることはない。

願い、たとえば将来の夢でいえば何も叶っていない。私は天文博士になっていないし、マクドナルドの店員になっていないし、最高裁判所の裁判官にも、「世界を守る王」にも、小説家にさえなっていないし、まして日銀や厚労相の職員にもなっていない。私は私が望んだと思っていたことを何も叶えていない。
どれもその通りにならなかったが、それでもそれなりにいいと思える人生を歩んでいる。かつて私が望んだことは、そのとき私に影響を与えたものを反映している。だからそれらは「私のたった一つの望み」というより、そのときの私が見ていた方向と言える。

いま「私のたった一つの望み A mon seul désir」は、この世界に対して誠実に開かれた存在であること。私が存在する前からも、存在した後にも、在り続けるこの世界のこの永続性を守ることが私の望み。私はこの私が存在した証を遺したいと、もうずっと願っている。そのためにはこの世界がなくてはならない、在り続けなければならい。
私はこの世界のありのままを受け止めたい。私が世界のありのままを受け止められているか気になって、胃腸がちくりちくりと痛むほどだ。思い過ごしをしているだけではないか、自分が何をしているかまるで分かっていないのではないか。
ねじ曲げてしまえば安らぎも得られるかもしれないが、そうした途端に世界から私は退場することになる。それはできない。
オルタナファクトやポストトュルースが跋扈する時代だからこそ、せめて私は事実を目の当たりにしたい。どれほど目を覆いたくなる悲惨なことでも、目を逸らして、なかったことにしてはならない。

この星に願いを。
☆……(願わくば、早起きしたいです)……彡

先輩の卒業式

「みんなの頑張りを見て、自分も頑張ろうと思いました」
 直前まで出かかった「頑張りたい」という言葉を呑みこんで、より前向きに聞こえるようにした台詞だった。
「そうだね。ああいう場で、頑張ってるやつらを見るとそう思うこともある。でも俺は、頑張れない時やダメな時、どうしようもない時も集まれるような、そんな場所もあってほしいと思ってるよ」
 ここ最近の自分の後ろめたさにサッと光がよぎるような言葉に驚いた。四年前、自分がにっちもさっちもいかなくなっている時に、「諦めるにはまだ早いよ」と言ってくれたことを思い出した。ワンフレーズに光が宿る「先輩」だった。

 「先輩」は同じ大学の人でも職場の人でもない。それでもその人は、初めて会ったときから自分にとって「先輩」だ。その「先輩」が、約10年いた場所を卒業する。年上の人と親しく関わることが極端に少なかったので、今になって先輩が卒業するとはこういうことかと実感している。
 その人を先輩だと思うのは、初めて会ったとき印象もあるけれど、どこかで自分と近しさを感じていたからの方が大きい。憧れの人というべきか、道の先を行く人というべきか。歩いてきた道のりは違えど、どこかで同じような景色を見てきたのではないかと、勝手に感じている。いや、景色と呼べるきれいなものよりも、目を背けることのできないまざまざとした光景を目の当たりにした経験があるからなのか。
 陰にある存在に、はたまた影があることに気づいている人は、どこにどう光を宛てればよいか知っているように思う。ただし、無闇に白日の下に晒すことはしない。そこに隠れているものが突然の光に目を潰されたり、脅かされたりしてしまうことも分かっているから。「先輩」は、その明るさの調節がとても巧みだった。

 自分はこのところ周りにいる人たちが眩しく見えていた。知らず知らずのうちに暗がりに後ずさりしていたせいだろう。自らのすべきことを果たしている姿が輝いているようで、何もしていない自分の影が濃く見えていた。
 私は自分がやるといったことをずっとやらないでいる。その場のつじつま合わせはできても全体は継ぎ接ぎだらけだ。その綻びが、ほつれが目立ってきて、糸が絡まり、身動きをますますしづらくしている。
 このぐちゃぐちゃを紡ぎ直す作業が必要だ。まずは空回った口車を止める。いまいちど言葉を紡いで文にする。文を編んで文章にする。

 燻っている私は燃えたいのだ。火のない所に煙は立たぬ。煙がたつなら火はついている。高校時代、やり場のない思いと焦燥感を抱えていた自分のことを、発電のしっぱなしで送電装置のない発電所のようだと思っていた。
 身を粉にして、火の粉を散らして、生きていたい。暗がりのなか寒さと不安で震えている人が、暖をとりに来るような場と存在へ。私は、薪とその薪をくべる手伝いをしてくれる人を欲している。

橋本努『学問の技法』言及文献

はじめに

第1章 知的モチベーションの方法

第2章 知的体育の技法

第3章 知的生活の技法







第4章 情報収集の技法

www.toshoshimbun.com
dokushojin.com

第5章 読書の技法

第6章 議論方法

第7章 問いかけの技法

第8章 レポートの技法

おわりに

政策・情報 学生交流会

【重要】交流会開催取り止めについて – 第47回 政策・情報学生交流会

「政策・情報 学生交流会がやられたようだな…」
「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
「時の流れ如きにやられるとは学生団体のツラ汚しよ…」
※政策・情報 学生交流会とは、「『総合政策ってなんだろう?』という問いから始まり、全国の政策に興味のある学生の支持を集めて、20年前に発足した」、学生のみで運営されてきた会のこと。
「交流会の歴史・概要」より
交流会の歴史・概要 | 第42回 政策・情報 学生交流会


 会それ自体の失敗と運営スタッフ自体の失敗とは、区別した方がいいように思う。運営スタッフの広報や集客が適切であったかは、外部からだと分からないので言及しない。ただ言えるのは、第47回を中止するのと、会そのものを終了させることは、話がまったく違うということである。
 交流会自体の終了させる場合には、過去参加していた人も含めて納得のいく根拠をはっきりさせる必要がある。ありていに言えば、それなら仕方ないよねと認める他ない根拠をだ。
 その根拠を考えてみようと思う。この根拠をもとにして、もう一度考えなおすのもありだし、交流会を模した別の会なり団体を立ち上げるのもありだろう。むろん、終わることを納得して見届けるのも。
 
 まず、交流会が本来の目的とは離れた場になりつつあったことは、ここ数年参加していた私の目にも明らかだった。会発足当初の「総合政策とは何か?」を問うよりも、学生の自己啓発に偏っていたことは否めない。
 それを受けて、交流会が単なる娯楽、気持ちの良さを求める場ではないということを、言葉にしてきた。少なくとも私にとって交流会とは、自分が考えてきたことや伝えたことがどこまで他者に伝わるか試す、挑戦の場であった。
政策・情報 学生交流会はエンターテインメントじゃない - ここに広告塔を建てよう


 次に、外部に目を向ければ、会を取り巻く環境の変化が追い打ちをかけた。大学入学者数の頭打ちと減少、大学での単位認定の厳格化、バス交通費の高騰、仕送り額の減少、増えるバイトの時間など。要するに、会に参加すること自体が難しくなってきているのではないかと思う。
 交流会への参加(3泊4日)には一回につき2万円から3万円の費用がかかる。学生の住む場所によっては更にかかっていた。けっして安くはない額を払ってまで行こうと思える会であり続けていたか、再考する余地は大いにあった。
 また、交流会が始まった20年以上前とは社会状況が大きく変わっている。今となっては全国の学生と会えることは、珍しいことでも難しいことでもないだろう。なんなら全世界の学生と会えるし議論もできる。交流会と競合するイベントは増えていると考えるのが妥当だ。
 様々な学生と会って議論するという特徴の希少性は、相対的に薄れている。珍しくもない会に参加するには負担が大きい。それになにより、最大の持ち味である「総合政策とは何か?」を問う視座が後退した。こういったことが、交流会の魅力減少に拍車をかけ、中止に追い込まれたと言えよう。

 今回のことを機に、交流会の過去参加者には「自分にとって交流会とは何であったか」を語ってほしい。交流会に参加した感想ではなく、参加していない人にも交流会のことが伝わる内容を。感想は出来事を共有した人のうちでしか広まらない。
 交流会がこの先開催されないなら、新しい感想は生まれてこない。それでは交流会が錆びついてしまう。統廃合されてなくなった母校の思い出のように、埃をかぶってしまう。「懐かしいね」という感傷ではなく、ずっと血の通った経験にする。交流会が終わっても活かし続けたいと私は思うのだ。

第46回 政策・情報 学生交流会に分科会企画者として参加した学生による記事
shima-kun041.hateblo.jp

おまけ「総合政策学とは何か」
「総合政策学の学位を得られたことを大変嬉しく思います。この四年間は総合政策学が何であるかについて気づくことのできた四年間でした。総合と名がつくからには誰かが何かを総合しなければなりません。誰がするか。私たちです。何を総合するか。政策です。そしてその政策とは問題解決・原因解消のためにあります。問題はあるべき状態からの乖離ですが、そのあるべき状態は私たち一人ひとりが定めるものです。
つまり総合政策学とは、私たちがあるべき状態を定めて問題を明らかにし、その解決のための政策を総合させる一連のプロセスと態度であると私は気づきました。それには自ら問いを立ててそれに答えることが必要です。このことは私たちが大学を離れたあとでもずっと大切なことです。総合政策学は大学で終わりではありません。それに気づくことができた歓びで以て祝いの言葉とさせていただきます」

2015年3月24日付 某大学総合政策学科卒業生代表挨拶より

ひとつの世界観が終わりを告げる

 ここ最近の世の中の動きを見ていて、ふと「ああ、ひとつの世界観が終わるを告げるんだな」と悟った。おおざっぱに言って、1945年以来この日本でほとんど誰しもが抱いていた世界観が、この先通じなくなっていく。「ひとの人生を犠牲にしても省みない」世界観が常識どころか異端になっていく。
 1945年以来と区切るのは、太平洋戦争後に生きてきた人たちを念頭に置いているからだ。日本の復興のために、あるいは自身や家族が生き残れるために、身を粉にして働いてきた人たち。そういった人たちに育てられた子どもたち。生きるために、ひとの人生を丸ごと犠牲にせざるをえなかった時代。
 ひとはおそらく、生きていくために他の命をいただくように、他のひとの人生を大なり小なり貰う必要がある。昔であれば一人の人生を40年か50年貰って、ようやっと自分も生きられた。多くの男は勤め人として、多くの女は母として、己の身を捧げ、人生を犠牲にしてきた。かつてなら、今の我慢が報われると信じられたし、周りには同じような人たちがいたから、独りではないと思えた。
 バブルが弾けてから、潮流が変わった。犠牲の対価を得がたくなり、徒労としか思えない場合が目につくようになった。いわゆるパイの拡大を期待できなくなった。太平洋戦争からちょうど半世紀近く経つころ、ある幸いと不幸が重なって生じた。幸いにも、先人たちの多大な犠牲の上に、少なくとも物質的に豊かと言える時代が来た。だが不幸にも、その時代から生きていく人たちには、わが身の犠牲に適う対価を期待できなくなった。
 生まれてきてからずっと、失われた20年あるいは30年と言われる状況下にある人たちと、それ以前を知っている人たちとの間には大きな溝がある。人生を犠牲にしてもきっと得られる対価があると思えるか否か。その対価は例えば正社員であるとか家族であっただろう。一度きりの人生を犠牲にしてまで得られるものがあまりに少ないか、そもそもありそうにないと考えた人たちは、人生を犠牲にしないで生きられる途を探し始めた。一人の人生を潰さずに、要所要所で他のひとから助けを借りたり、誰かに力を貸したりしながら生きられるように。
 そも、ひとの人生の大部分を貰わないと生きていくことが難しいというのは、ヒューマンリソースが生命線になるということだ。将来の働き手や世話係として子どもをたくさん産み育てるのはその一例だ。ヒューマンリソースに依存しない代替の仕組みができていくと、仕組みの管理に手間と時間を費やすようになると同時に、子どもを数多く生み育てなくてもよくなる。
 もう30年以上前から日本で起きているのは、生まれる人たちが減っているのに、未だにヒューマンリソースに大きく依存している事態。「ひとの人生を犠牲にしても省みない」世界観がずっと常識だったから、人生を犠牲にしないのは我が儘だとか非常識だと非難されてきた。「今の若者は甘えている」とはいつの時代もある繰り言のようだが、改善や改良を続ける限り後代は先代がしてきたことを必ずしもしなくて済むようになる。「甘えている」ように見えるのが実は自分たちのしてきた喜ばしい結果だということを、往々にして先代の人たちは気づくことができない。自分がしてきた苦労で見知った者を楽にできるならいいが、知らない者まで楽するのは業腹だという感情がそこにはある。
 ところがここにきて、自分がした苦労を他のひとにしてもらいたくないと、ヒューマンリソースに依存しない仕組みを作ろうとする人たちが目立つ活動をしている。その流れをIT技術が後押ししている。そういった技術的側面もあるが、「ひとの人生を犠牲にする」ことへの嫌悪感や疑問がますます噴出しているように見える。ブラック企業への非難にしても、セクシュアルハラスメントへの抗議にしても、ひとの人生を踏み台にするなという怒りがある。
 おそらくいまようやく、人生を全うするということが日本でも正面きって主張され、受容されるようになってきている。我が儘だとか非常識などと言われてきたことが、単に一個人の性格や選択の問題ではなくなっていく。連日のニュースを見ていると、どうしても世の中に心の底から失望し落胆し嘆息したくなってしまう。それでもこの世界で生きていくしかないが、何かが変わったという確信が私のなかに芽生えている。

Bar inter-esse

「第二に、『公的』という用語は、世界そのものを意味している。なぜなら、世界とは私たちすべての者に共通するものであり、私たちが私的に所有している場所とは異なるからである。……世界の中に共生するというのは、本質的には、ちょうど、テーブルがその周りに坐っている人びとの真中betweenに位置しているように、事物の世界がそれを共有している人びとの真中betweenにあるということを意味する。つまり、世界は、すべての介在者in betweenと同じように、人びとを結びつけると同時に人々を分離させている。」

ハンナ・アレント(清水速雄訳1958=1994)『人間の条件』筑摩書房、pp.78-79

「この物の世界というのは、物理的に人々の間にある。そして、この物の世界から、人びとの特定の客観的な世界的利害が生じてくるのである。この利害interestは、まったく文字通り、なにか『間にある』(inter-est)ものを形成する。つまり人びとの間にあって、人びとを関係づけ、人びとを結びつける何物かを形成する。ほとんどの活動と言論は、この介在者in betweenに係わっている。」

ハンナ・アレント(清水速雄訳1958=1994)『人間の条件』筑摩書房、p.296

「公的なものの概念が著すのは、第二に、世界それ自体である。世界とは、われわれに共通なものであり、そのようなものとして、われわれが私的に所有しているもの、つまりわれわれの私有財産と呼ばれる場所とは区別されるかぎりは、そうである。……世界のうちに共生するということは、本質的に、物の世界が、そこを共通の住かとしている人びとの間に横たわっている、ということを意味する。しかもそれはたとえば、机が、それを取り囲んで座っている人びとの間に立っている、というのと同じ意味である。どんな間Zwischenもそうであるように、世界は、それをそのつど共有している人びとを、結合させるとともに、分離させるのである。」

ハンナ・アーレント森一郎訳1960=2015)『活動的生』みすず書房、pp.66-67

「というのも、世界とは、人間がそのうちを動き、そのうちで客観的-世界的なそのつどの関心を追求する、間の空間Zwischenraumだからである。この場合の関心Interesseとは、語源から言って、inter-esseつまり間に横たわっており、人間を相互に結びつけると同時に相互に分かつ関係を作り出すもの、という意味である。ほとんどすべての行為と言論が関わりをもつこの間の空間は、あらゆる人間集団にとってそのつど異なっている。」

ハンナ・アーレント森一郎訳1994=2015)『活動的生』みすず書房、p.230

"Der Begriff des Oeffentlichen bezeichnet zweitens die Welt selbst, insofern sie das uns Gemeinsame ist und als solches sich von dem unterscheidet, was uns privat zu eigen ist, also dem Ort, den wir unser Privateigentum nennen. (...) In der Welt zusammenleben heisst wesentlich, dass eine Welt von Dingen zwischen denen liegt, deren gemeinsamer Wohnort sie ist, und zwar in dem gleichen Sinne, in dem etwa ein Tisch zwischen denen steht, die um ihn herum sitzen; wie jedes Zwischen verbindert und trennt die Welt diejenigen, denen sie jeweils gemaiensam ist."

Hannah Arendt, Vita Activa oder Vom taetigen Leben, Piper 3623, Taschenbuchsonderausgabe, Piper, Muenchen/ Zuerich, 2002, pp.65-66

"(...) welche die Welt angehen, also den Zwischenraum, in dem Menschen sich bewegen und ihren jeweiligen, objektiv-weltlichen Interessen nachgehen. Diese Interesse sind im urspruenglichen Wortsinne das, was >inter-est<, was dazwischen liegt und die Bezuege herstellt, die Menschen miteinander verbinden und zugliech voreinander scheiden. Fast alles Handeln und Reden betrifft diesen Zwischenraum, der ein jeweils anderer fuer jede Menschengruppe ist, (...)"

Hannah Arendt, Vita Activa oder Vom taetigen Leben, Piper 3623, Taschenbuchsonderausgabe, Piper, Muenchen/ Zuerich, 2002, p.224