読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Weingut Dr.Schneider (ZunZingen)

ゲーテインスティテュートの企画で、バーデンのワインを6種類試飲してきた。Weingut Dr.Schneiderはフライブルクバーゼルの間くらいにある。試飲したのは白と赤を3種類ずつ。それぞれGutedel(シャスラ)、Weissburgunder、Graurburgunder、Spaetburgunder(und Barrique)、Cabernet Sauvignon & Merlotの計6種類。

Gutedelは青リンゴやレモングラスの香りが特徴的で、余韻に苦みが残る。Weissburgunderは青リンゴに加えてヘーゼルナッツの香りがする(ツナ缶っぽいとも思った)。より酸が強くて辛口に感じる。Graurburgunderはバナナやクリームの香りがして、味にも厚みが感じられる。ステンレスタンクでの醸造

Spaetburgunderは2013年がステンレスタンクで、2012年がバリックのもの。前者から赤いベリー系の香りがよく感じられた。ピノの特徴がよく出ている。後者からはコンポートしたベリーやバニラの香り。味もまろやかで果実味を豊かに感じる。Cabernet & Merlotはボルドーほどタンニンが強くないぶん、親しみやすい。好む人も多かった。カシスやブラックベリーに加えて、バニラや樽の香り。これらの赤ワインはすべてアルコール度数13%だが、同じようには感じなかった。

いくつか質問をした。まずGraurburgunderとRulaenderとの違いについて。日本語の記事で読んだ通り、Graurburgunderの方がより辛口に仕上がっているそうだ。おそらく国際的な評価を意識してのことだろうと思われる。それにRulaenderと名のついたものはあまり熟成に適さないのだろう。次にGraurburgunderに樽を使っているかについて。クリーミーな香りがしたから、もしかしてと思って訊ねたところ、そうではなかった。そういえば、ピノグリに特徴的な乾いた土っぽい香りは感じなかった。そして、なぜコルクを使わないかについて。Dr. Schneiderのワインは、スクリューキャップか専用のプラスチック栓だった。これはやはりコルクによる影響を避けたいためだそうだ。できればGutedelとシャスラの味の違いについても訊きたかったが、ドイツ語での言い方が分からずに訊ねじまいとなった。

最後に、試飲に使われたWeingutオリジナルのグラスに描かれた絵について。角が生えたような蛙はここのシンボルのようだ。なかなかいい感じだったので試飲グラスを購入した。そしたらおまけに、試飲で使ったCabernet & Merlotをくれた!ありがたい。
ドイツ語それ自体は分からずとも、自分が知っている内容なら理解できる。芸が身を助けるなら、ワインは懐を助ける。ドイツ語のワイン本を買ったので、これでワイン用語のドイツ語版を覚えて生産者に会いに行きたい。