読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徹夜明けの水曜、カレーのち雨

いつも気がついたら深夜1時で、それに驚いていると2時を回り、ため息をついているうちに3時になる。

いっそこのまま起きていようかと思っても、外が白み始めたあたりで具合が悪くなる。

ちょっと横に、と気を緩めたが最後、昼になっている。

 

そういうことをもう何回も繰り返してきた。

 

同じことをしていては同じ結果になるというので、今回はカレーをつくることにした。

当初は今日の夜につくろうかと思っていたけれども。

22時近くまで図書館にいられるというのにカレーをつくるために20時過ぎに図書館を出る、ということがあんまり得策に思えなかった。

それなら一思いにつくってしまえと、台所に灯りひとつ照らして調理開始。

ちょうど米もなかったので新しく炊いた。

 

カレーをつくるとき、この頃は辛めにして、すこし水を増やしてつくっていた。

まだ一度も食べたことのないスープカレーを意識しながら。

辛いほうがパンチのある味がして美味しいし、水でカサを増せば食べられる量も増える。

市販の辛口カレールーを溶かして、S&Bのスパイスを適当に加える。

実家でつくるときはよくケチャップやらソースやら、インスタントコーヒーを入れていた。

 

今回は使う玉ねぎが大きかったので半分はみじん切りにして、細かく刻んだにんじんの皮と一緒によく炒めた。

玉ねぎの甘みが溶けたカレーの味が結構好きなのだ。

つくるカレーの種類、今回はシーフード。辛口でつくるときは鶏肉かシーフードがあう。

シーフードミックスを水で解凍すると、あのびっくりするくらい縮むのを防げるらしいので試してみた。

とはいえ、しまいにはカレーの色に紛れて大きさなんてよく分からないのだが。

 

そうこうしてカレーができる頃にご飯も炊けた。

ご飯の炊け具合はしゃもじを入れた瞬間に分かる。やわらかい、ちょうどいい、かたい。

今日は10段階でいったら4くらい。ほんのすこし、やわらかめ。

カレー鍋の火を止めて落ち着かせるあいだ、炊けたご飯を蒸らすあいだにちょっと外出。

せっかく早朝に起きているのでワンダのモーニングショットを買いに。

朝専用と書かれると朝以外に買うのはためらわれるけれど、朝に居合わせたら買いたくなる。

帰り道、さっそくモーニングショットを開けて飲みながら、ああ自分は今まさに朝に起きていると実感。

戻ってきたら更にご飯とカレーをよそって、いただきます。

美味しい、美味しいですカレー。

なかなかいい具合に辛かった。汗が出たよ。朝から汗が出た。嘘じゃない。

例のシーフードミックス、食べた感触としてはいつもより硬くないかも?といった具合。

まあ、シーフードミックスの本領は具から出る旨味なので…(お察しください)

 

 

なんだかこの頃七転八倒右往左往で人生の方向キーをぐりぐりする毎日だったのだけれど、せっかくいつもとは違う朝を迎えたので、このまま違うルートに進みたい。

「ひとよひとよにひとみごろ 自分だけのルートで歩くの」と強引にマイYear

今日はこれから雨が降るそうで。

気温も下がって、つくったカレーも夜まで常温放置できそう。

24時間放置はさすがに気が引けるけれど、12時間くらいならねえ?

そういう狙いもあって今朝カレーをつくりました。

雨、降ってね。

 (天気予報を確かめたらすぐには降らないみたいだった)