カッコつけたワインベスト5

バーンバーグのこの企画が面白かった。「好きな●●」を答えるだけなのに、そこについ見栄を潜ませてしまう。www.e-aidem.com 原宿「それは、誰でも知ってるカイジより、もうちょっと詳しい感を演出したかったからです……」 ギャラクシー「『好きな漫画ベスト5…

「福祉の政治過程」の意味と修論アウトライン Ver. 06.19

私の研究テーマは「福祉の政治過程の日独比較:国家干渉および私的自治の観点から」である。この「福祉の政治過程」の意味を、これまで私は明確にしてこなかった。今回は私が「福祉の政治過程」をいかなる意味で用いようとしているかについて記す。 また、後…

12月に提出する修論のアウトラインを更新(6月8日版)

3月27日にアウトラインを初めて公開してから2ヶ月以上が過ぎた。あれから私が何かを信じてこれたかはさておき、あのころの未来にはまだ立っていない。提出は6ヶ月先である。3月末に私が何を考えていたかについては、そのときの記事を参照してもらいたい。 al…

2016年9月から留学中に読んだ本+デュッセルドルフ大学の図書事情

本棚を見れば、その人がどんな人か分かると巷で言われている。ひょっとしたら本人よりも本棚の方が、その人のことを雄弁に語りうるかもしれない。最近ならOne NoteやEvernoteもその役割を果たせるだろう。 この記事では私が留学中に読んだ本を以下に一覧にし…

修論を「いきなり書く」はむつかしい

修論の書きはじめに 更新日:2017年4月6日 高階英樹(人文社会科学研究科公共研究専攻) 「修士論文を書こう!」「書かねばなるまい!」と意気込んでも、いざ書くとなると、これがなかなかどうしてむつかしい。修士論文に「何を」、「なぜ」、「どのように」…

12月に提出する修論のアウトライン(3月27日版)を掲載

同様の関心やテーマで研究している院生が身近にいないので、研究内容を公開することで専攻が同じか近い人を探します。公表することに気後れはありますが、もとよりこのブログの趣旨は「頭の中の見取り図」なので、完成されているものより未完成なものを載せ…

「この物語はフィクションです」

「もし世界が一人の人間によって救われたなら、その世界にはその者しか必要でない」*1 一匹狼や一人で何でもできることがもてはやされるのは、大事な自分という稀少性を高めてくれるように錯覚するからである。ああいったものはほとんどフィクションでしかあ…

Sozialpolitikリンク

Verein für Socialpolitik |Sozialpolitik aktuell: Das Informationsportal zur Sozialpolitik - Sozialpolitik aktuell: Das Informationsportal zur SozialpolitikWillkommen bei der Zeitschrift für Sozialreform (ZSR) | Zeitschrift für Sozialreform…

Weingut Dr.Schneider (ZunZingen)

ゲーテインスティテュートの企画で、バーデンのワインを6種類試飲してきた。Weingut Dr.Schneiderはフライブルクとバーゼルの間くらいにある。試飲したのは白と赤を3種類ずつ。それぞれGutedel(シャスラ)、Weissburgunder、Graurburgunder、Spaetburgunder…

Weingut Dr.Schneider (ZunZingen)

ゲーテインスティテュートの企画で、バーデンのワインを6種類試飲してきた。Weingut Dr.Schneiderはフライブルクとバーゼルの間くらいにある。試飲したのは白と赤を3種類ずつ。それぞれGutedel(シャスラ)、Weissburgunder、Graurburgunder、Spaetburgunder…

「いつからシン・ゴジラの話と錯覚していた…?」

結論から言うと、もっかい観たい。帰省して数日が経ち、持ってきていた本を読んでしまって手持ち無沙汰な昼過ぎ、映画を観に行ってきた。 ツイッターでちらほら面白い話が流れてくる「シン・ゴジラ」を。 俺がよく覚えているのは「ゴジラ対デストロイヤー」…

「投票に行かない勇気」

「バラマキさん」 「九時五時、僕の名前を福祉政策批判の文脈でよく用いられる言葉みたいに呼ぶんじゃない。僕の名前は阿良々木だ」 「そちらこそ、私の名前を現実にはそうそうありえない勤務時間みたいな名前で呼ばないください。私の名前は八九時です。一…

君たちは白いキャンバスではない。

ドッカー・ノ・エライー学長が入学式で読んだ式辞が話題を呼んでいる。 ドーコニ・モナイ大学の入学式ではつい先月まで高校生だった若者たちが大勢座っていた。 そこに現れたエライー学長は、決まりきった挨拶のあと、こう切り出した。「君たちは白いキャン…

伊勢志摩で開催されているG7サミットで提供されたワイン

今回のサミットで提供されたワインはすべて日本のもの 内容は泡2本、白5本、赤4本、ロゼ1本。 それぞれの値段を見てみると、1000円台か5000円以上というラインナップで差が大きい。 北海道の洞爺湖で開かれたG8サミットでは海外のワインも提供されていた。 8…

海とヌードル

4月10日に、青春18きっぷを使って安房鴨川に行った。 きっぷが1日分余っていたこともあり、電車に揺られて、海を見た。 安房鴨川という名前は、村山由佳の『おいしいコーヒーのいれ方』シリーズで知った。ただ安房鴨川に行ければそれでよかったため、駅に着…

寄せては返す、家族という存在

家族の話は、心をざわつかせる。波風を立てる、とはよく表現したもので、波風がごうごうと防風林を揺らしてくる。 どんより暗雲が立ち込めて、灰色の波が飛沫をあげ、風が辺りをさらっていく。 特別なことはなくとも、個別にある家族への思いと思い出が、め…

政策・情報 学生交流会はエンターテインメントじゃない

第42回 政策・情報 学生交流会 | 全国から約100人が集う! 第42回 政策・情報 学生交流会の公式HP ここはディズニーランドのように、来ることが目的の場所じゃないんだ。 一時的に滞在して、次の目的地へと旅立っていくためのハブ空港なんだ。 常に問うべき…

この一年の間に入手・読了した本

2015年 3月11日 購入3月17日 購入3月25日 読了4月1日 読了4月2日 購入 本書は方法論について量的・質的ともに丹念に解説しており、また参考文献も豊富なため読後の学習にもつなげやすい。 何をやるかは個々人の関心に基づいて決められればいいけれど、それを…

資料庫〈ホームレス〉

ci.nii.ac.jpnc.chukyo-u.ac.jp 2000、釜ヶ崎 訴訟の闘いを引き継いで 94年5月9日、名古屋市を相手取って、生活保護決定処分取り消しの訴訟を起こした、釜ヶ崎と同じ寄せ場である笹島の日雇労働者、林勝義さんが、闘病のかいもなく、99年10月2…

資料庫〈社会福祉〉

【関連リンク】 特定非営利活動法人 日本地域福祉研究所生活保護・福祉一般分野のトピックス |厚生労働省www.mhlw.go.jpwww.sssc.or.jp【報告書・提言】 平成24年度 セーフティネット支援対策等事業費補助金(社会福祉推進事業分) コミュニティソーシャル…

資料庫〈政治参加・政治教育〉

【国内】 www.akaruisenkyo.or.jpwww.nhk.or.jpwww.city.shinshiro.lg.jp下條村で模擬議会 中学生が村づくり提言 « ミナミシンシュウ.jp【国外】 news.yahoo.co.jpnews.yahoo.co.jpnews.yahoo.co.jp[安岡美佳]【何故、デンマークの若者は投票に行くのか?…

2015年の本ベスト10冊(感想付)

気づけば年の瀬。一年を振り返る頃合いとなってきた。 数えてみれば今年は85冊の本(漫画含む)を読んでいるようだ。 去年は131冊(同)読んでいるから今年は前年比64%といったところ。 さて今年読んだ本のなかで10冊選ぶなら以下の本。1月23日読了 池内恵『…

子どもにサンタはいるのかと訊かれたらどう答えようと考えるだけの人生だった。

じんぐっべー!じんぐっべー!スズムラ・ケン♪(イチ!) 全国に数いる鈴村健一のなかでも私が思い浮かべるのはこの人。 Kenichi Suzumura - INTENTION 騙されたと思ってジングルベルに合わせて上記を口ずさんでみてください。 頭から離れなくなります。※本…

私には野望がある。

昔から、周囲に影響を与えたり、作用をもたらしたりすることが好きだった。 変えること、その発端に自分がいること、それに堪らない高揚を感じた。 同じもの(決まったスケジュール)には嫌悪を抱き、変わらないもの(慣習)には疑問を抱いた。 それはきっと…

だから私は問うことを止められない〈断片〉

「一般的とされていることの全てに疑問を抱かずにはいられない」 私のことをそう評した友人がいた。言い得て妙である。 言うなれば、私は問いそのものである。なぜ?と問う場において、他者は私に出会う。 「なぜ私は問いを発せずにはいられないか」という問…

卒業論文参考文献

卒論を執筆する際に参考とした文献は手もとにあったもののほか、大学図書館の蔵書や電子データ(CiNiiやJ-STAGE)を利用した。文献目録の作成にはEndNoteを活用した。

卒業論文第四章「人-生(にんせい)の本来性へ」

人は存在しなければならない理由などなく存在している。そのことが暴露されたとき、人は言いようのない不安に駆られる。自分は「なにのゆえに」存在しているのか。このことは盲目的な経済成長が今となっては意義を失った状況に似ている。われわれは「なにの…

卒業論文第三章「所有として引き受ける人生」

人は世界につねにすでに投げ入れられていた。となると、どのような世界に投げ入れられるかでその人のあり方は決定されよう。人は投げ入れられる世界を事前に選ぶことはもちろん、決めることさえできない。さしあたり私の手もとにある人生だが、これが私ので…

卒業論文第二章「所与として投げ入れられた世界」

第二章ではとくに日本の青年の意識を裏づけていると考えられる社会(世間)のあり様について考察した。自由とは「自ラニ由ル」ことであるが、こと日本においてそのように振る舞うことは容易でない。そこには「空気」があるからである。“KY”という言葉が流行…

卒業論文第一章「不安の時代」

卒業論文第一章には「不安の時代」である現代にあってどのような展望をもつべきかという未来志向の部分と、このような時代に青年らが何を感じているかという現状認識の部分がある。具体的にはアーヴィン・ラズロのワールドシフトを導入として、広井良典の提…